スズキアルトワークスはマニュアルか?オートマか?

スズキアルトワークスはマニュアルか?オートマか?

 

スズキアルトワークスは発売から2年が経ちましたが、2015年の12月24日に発売されたホットハッチ軽自動車です。

 

670キロという軽量化に成功し、軽スポーツカーとして4人乗りというのは特徴的な要素になります。

 

近年の車はオートマが主流となっており、むしろオートマで無いと運転出来ないという方も増えていますが、アルトワークスでは5速マニュアルモデルがメインで注目されている車です。

 

アルトワークスにとっては15年ぶりの復活であり、5MTと5AGSの2モデル、2WDと4WDの組み合わせでラインナップされています。

 

5AGSは5速オートギアの略で、5MTをベースに開発されクラッチやATモードの有無に違いがあり、AT免許しか所持していなくてもMT体験出来るというのは5AGSのメリットです。

 

ただし、5AGSではATモードにしても変速時の振動が大きくなるというデメリットも備えています。

 

MT車に乗り慣れている方は、普通のMTやAT車とは異なる特徴を持っていると考慮して運転する必要があり、デザイン上では5MTと5AGSに違いは無いのですが、装備や特徴が変わるものです。

 

アルトワークス2WD5MTだけに備わった装備として、インパネセンターポケットとエンジンクラッチスタートシステムがあり、レーダーブレーキサポートが付いていないです。

 

アルトワークス2WD5AGSではレーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能といった運転支援システムが搭載されていて、重量に関しても車両20キロもの違いがあります。

 

内装はスポーティーに洗練された作りになっており、5AGSは2ペダル、シフトレバーがダッシュに配置となり、パドルシフトがある5AGSは現在的であり、サイドブレーキは引き上げ式です。

 

メーター部分が専用デザインとなっていて、エンジン立ち上げ時演出も評判が良い車になっています。

 

ご存じの方も多いことでしょう。アルトワークスはスポーツカーのような走りも魅力であり、軽くてアクセルを少し踏むだけでも加速がスムーズとなっていますから(スムーズを通り過ぎて速すぎるくらい!)、軽でも高速道路で期待出来る走りで、加速力を体感できるのはこの車の楽しみのひとつです。

 

装備の違いがあるにも関わらず、5MTも5AGSも同じ価格になっており、2WDよりも4WDが10万程高く設定されています。

 

5MTと5AGSのどちらを選択するかとなると、もちろん免許の種類によっても変わりますが、AT免許のみ所持の場合は5AGSですが、この方向性の車を使うならば何か4WDを使わざるをえない理由が無い限りは4WDを選ばず2WDタイプ、アルトワークス2WDの5AGSがおすすめです。とは言っても四駆の走りは二駆よりも安定走行をかくじつに期待できますので雪国の方や安定した走りを楽しみたい方は四駆が良いでしょう。

 

軽量でMTを楽しみたい場合は2WDの5MTが良いですが、価格が同じで装備が充実した5AGSはお得と言えるでしょう。軽量かつ加速やMTを楽しみたい・車を自在に操っている感覚を楽しみたい場合は5MTがおすすめです。