本人名義でない車を売却するには?

 

本人名義でない車を売却するには?

 

基本的に車を売却する場合本人名義の車でなければ売却することはできません。しかし、ご自身が使用している車が実は他人名義の車だった、なんてことは結構あります。例えば車をローンで購入した場合など、ローン返済中はその車の所有権はディーラーや信販会社になっていることがあります。また。家族や友人から譲渡された車を使用している方は、その車の名義変更がされてないままになっていることもあります。車検証の所有者の欄に記載があるので、これらに該当する方は一度確認してみましょう。車が本人名義でない車を売却しようとする場合には、名義をご自身の物に変更する必要があります。ローン返済中ならローンを返済してしまうか、ローンを付け替えるなど方法はあります。

 

また、譲渡された車は、その家族や友人の印鑑証明・委任状〈実印付〉・譲渡証明書(実印付)などを用意すれば売却は可能です。父親の車を譲渡された場合など、所有者死亡の場合はどうなるかというと、基本的には名義変更をしてから売却するという流れは同じです。車も故人の財産となるので、まずは相続する手続きを行います。

 

必要な書類としては、【相続人が1人の場合】、相続人が確認できる戸籍謄本・元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本・相続人の印鑑証明、【相続人が複数いるうちの1人が相続する場合】、相続人全員が確認できる戸籍謄本・元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本・相続人全員の印鑑証明・遺産分割協議書、【相続人が複数いて、複数の共同名義で相続する場合】、相続人全員が確認できる戸籍謄本・元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本・相続人全員の印鑑証明、なお代理人が各申請する場合はそれぞれ、本人の実印付の委任状が必要になります。名義変更が完了すれば、ご自身の車として自由に売却可能です。