事故車や水没した車も売却することができる

 

事故車や水没した車も売却することができる

 

事故車・水没した車などは廃車にするしかないと考えると思います。廃車にするのも費用が掛かります。一般的にかかる費用の内訳は、@「車の引取り・解体費用」A「自動車リサイクル料金」B「書類作成にかかる費用」となります。

 

@については業者にもよりますが、1〜2万円程度かかるようです。

 

Aについては、平成17年2月以降に車検を通した車ならば、既にリサイクル料金は徴収されているので自動車の廃車時には費用は発生しません。

 

Bに関しては自分で行えば数百円程度で済みます。しかし、これらを自分で行うてなるとかなり面倒な作業になりますので、業者などにお願いする方も多いと思います。そうなると、手数料や運搬費などが、これにプラスされてきます。

 

しかし、こうした車を買い取ってくれる業者もあるのです。一般的に、中古車販売店やディーラーでは、車自体が商品となるので、廃車になるような車は買い取ってはくれません。ですが、廃車専門の買取業者というものも存在します。こうした業者は、買い取った車を使える部品ごとに解体し、各パーツごとに販売して利益を得ています。海外市場など流通経路も幅広く、日本車の部品の需要も高いそうです。車の状態により買い取り費用は変わってきますが、お金を掛けて廃車にするよりは、いくらかでもお金になる廃車買取の方が断然お得ですよね。廃車を考える前に一度査定を受けてみましょう。