車検の切れた状態の車も売れる

 

車検の切れた状態の車も売れる

トヨタセリカ GT-FOUR

 

車検の切れた状態の車を運転すると、道路運送車両法で6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金や免許の停止など処罰の対象となります。しかし、事故車を自宅の放置していたり、遺産整理などで家族から相続してそのままになってしまった車など、うっかり車検が切れてしまうばあいもあります。さて、車検が切れた車は売却することができるのでしょうか。

 

結果から言えば売却は可能です。車検が切れた車を売る為に新たに車検を受けなおそうと考える方もいますが、車検を受けるのにも10万円以上お金はかかります。しかし売却する際、車検の有る無しで査定が10万以上変わるかというと、そんなことはありません。車検が有った方が売却しやすいですが、その査定の差は、数万程度だそうです。ならば車検の無いまま売る方がお得ですよね。

 

車検が無い車を売る場合は、中古車販売店よりも、買取専門業者や、廃車専門の買取業者に頼むのが良いでしょう。中古車販売店の場合は、買い取った車が即、商品となるので、車検のない車は売りにくく、査定額はあまり上がらないといいます。一方、買取専門業者などは、解体して部品で売却したり、海外で売却したりと販路が広いので、車検が無くても買い取るメリットが大きいわけです。出張査定を利用すれば車を動かす必要もありませんし、買取が成立すれば、そのまま業者に運搬してもらえます。自分で運転して店舗に持ち込む場合には、市区町村の役所か陸運局に「仮ナンバー」を申請する必要があります。その場合、有効期限は1日〜3日と短く、制約もあるので注意が必要です。