新車に買い替えるときの旧車の売却について

 

新車に買い替えるときの旧車の売却について

スズキ新型ハスラー

 

新車に買い替える場合は、今まで所有していた旧車もディーラーで下取りしてもらう方が多いと思います。新車の購入と、旧車の処分の手続きがが一括でできるという手軽さがメリットでしょう。ただ、多少面倒にはなりますが、旧車を買取業者に売ってから、ディーラーで新車購入した方が金額的にもお得になります。ディーラーで旧車を下取りしてもらう場合には、下取り価格が新車購入価格から差し引かれることになります。

 

しかし、本来新車の購入価格の交渉と、旧車の下取り査定の交渉の2つがあるべきです。この場合、ディーラー側の巧みな話術により、下取り価格分を新車代金から値引きされたことで、本来の新車価格自体の値引きが有耶無耶になっている可能性があるのです。一般的にディーラーよりも買取業者の方が査定が良いということもありますし、旧車を買取業者に売却すれば、そこで一度査定価格の上乗せ交渉がしっかりなされます。そして、また新たにディーラーで新車購入に関して値引き交渉が行われるので、どちらに関しても納得した価格提示が行われるわけです。業者側も商品に関して、ある程度幅を持たせた価格設定にしてあります。強引な値引きを強要するのは問題ですが、理性を持った価格交渉は消費者側の権利といっても良いと思います。